横浜の鉄道路線と始発駅

横浜駅は非常に大きな駅で各路線から様々な列車が発着していますが、JRに関しては原則始発列車がまったくないという特徴があります。京急線も同じで始発はありません。
東横線はみなとみらい線の接続もあり始発はなく、始発の電車がある横浜駅は相鉄横浜駅だけとなっています。通勤時には始発のほうが座れることのメリットがありますが、東神奈川駅からは横浜線の始発がやや本数は少ないですが出ており、さらに桜木町駅と磯子駅などからも横浜線の(基本的に八王子方面行き)始発が利用可能です。一方、東海道本線や横須賀線のような長い路線には横浜市内の駅では始発駅がありません。新宿湘南ラインや横浜駅に停車する特急列車についても同様です。
東海道新幹線も当然とはいえますが新横浜で始発・終点という列車はなく始発は東京駅になります。
横浜駅自体が非常に大きなターミナル駅であり、横浜駅周辺や短い距離の駅の範囲の企業に用事がある乗降客が横浜駅を利用する方の大半で、例えば横浜駅近辺在住で町田勤務というケースは少なくはありますが、横浜駅もしくは横浜市内の駅から朝の時間帯に座って通勤というのは割と難しいものがあり、相鉄沿線と横浜線沿線、横浜市営地下鉄あたりの各始発駅近辺に住む必要が出てきます。